ツアーニュース

上田桃子、3シーズンぶりの優勝!

2017年国内女子ツアー「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」で、キャロウェイ・スタッフプレーヤーの上田桃子プロが優勝しました。上田プロの優勝は2014年以来の3シーズンぶりのもので、ツアー通算12勝目となります。
トップと1打差の2位タイで最終日を迎えた上田プロは、スタートからいきなり3連続バーディーを奪って単独トップに浮上。バックナインでもスコアを伸ばし、最終18番ホールでは約7mのパットを沈めてバーディーフィニッシュ。2位となった、キャロウェイ・スタッフプレーヤーのテレサ・ループロに2打差をつけての逆転優勝となりました。上田プロは、「お待たせしましたという感じです」と、涙ながらに久しぶりの勝利の喜びを噛みしめていました。
今大会での上田プロは、3日間トータルのドライビングディスタンスで7位、パーオン率で3位となる記録をマーク。使用した「GBB EPIC STAR ドライバー」と「CHROME SOFT X ボール」が持つ、圧倒的な飛距離性能とスピン性能が実証された形となり、優勝の大きな要因の一つになったとも言えるでしょう。

詳しくはこちら