Corporate

1 for Green

キャロウェイゴルフ株式会社は、九州北部豪雨災害の支援として、
1 for Green プログラムの支援対象森林を九州北部地方中心にさせていただきます。

1 for Greenの目標

「1 for Green」プログラムでは、日本の全ゴルフコースの芝生面積に相当する約12.6万ヘクタールの森林整備保全の支援を行うことを目標としています。

皆様のご協力によって守られた森林

約 43,249,890m2

2017年7月末現在

ゴルフを愛する事は、自然を愛すること。あなたがキャロウェイを選ぶと、緑の森が守られる。
伐採、間伐や植栽などの適切な管理が行われると、森は地球温暖化防止や生物多様性保全に寄与します。

日本のゴルフコースは約2,400コース。コースの数は世界2位です。 その総面積は27.2万ヘクタール、神奈川県よりも広い面積となっています。

ゴルフコースの多くは森林や丘陵につくられるため、そこに生きる樹木や草花、様々な動植物、また池や小川、芝生や土を感じながらゴルフを楽しむことができます。 一方で、ゴルフコースであった場所の多くは、以前は豊かな樹木に覆われ、多くの動植物の生息の場所でした。

私たちキャロウェイゴルフは、すべてのゴルファーがもっとゴルフを楽しむための製品開発と同じように、すべてのゴルファーがいつまでも自然とともにゴルフを楽しむことができるよう、日本の森林を守っていきたいと考え、お客様とともに行う環境保護活動 「1 for Green(ワン・フォー・グリーン)」プログラムをスタートいたしました。

キャロウェイが守っている森林「フォレストック認定一覧

2011年4~8月は東北エリアのフォレストック認定森林を支援しています。

メディア取材「社会貢献Report

1 for Greenの仕組み

キャロウェイゴルフは、すべてのゴルファーがもっとゴルフを楽しむためのクラブ開発と同じように、いつまでも自然とともにゴルフを楽しめることができるよう、日本の森林を守っていきたいと考え、お客様と共に環境保護プログラム「1 for Green」を行っていきます。

お客様が、キャロウェイゴルフのゴルフボール1スリーブご購入すると、約1㎡の日本の森林が守られるプログラムです。

危機に直面している日本の森林

日本の国土はの7割は森林で、世界でも有数の森林王国です。森は、健康な状態でそこにあるだけで、木材だけでなく様々な恵みを私たちに与えてくれます。しかし、木材の価格と需要の低迷もあり、森林の手入れに十分な人手と資金が回らなくなって、荒廃する森林が増加しています。

このままだとどんなことが起こるの?

手入れがされていない人工林は暗くなり、木床の植生が乏しくなります。地面がむき出しとなり、土壌流出、土砂災害が起こりやすくなってしまいます。もやしのような細い木々が増え、水源かん養など大切な森林機能が失われていきます。現在、日本の森林では手入れの行き届かない森林が増加し、環境や国土を守っていく上で、大きな問題となっています。

森は、水を生み、大地を守り、命を育む。

間伐(かんばつ)、枝打ち、下刈りなどの森林整備を行うことで、たくさんの動植物が息づく生物多様性豊かな森となり、水源かん養、温暖化防止、土砂災害防止など、森林機能の改善回復につながります。

フォレストック認定制度

フォレストック認定制度は、日本の豊かで美しい森林を守り続けることを目的として、森林整備保全と生物多様性保全が図られている森林を日本全国で認定しその活動を支援しています。認定は、専門調査機関が、森林の管理・経営および生物多様性を調査評価し、厳格な審査を経て行われます。 認定された森林は、算定・発行交付されるCO2呼吸量クレジットを企業や個人の方に販売することで、持続的な森林整備・保全費用を得て認定森林を守り続けていくことが可能となります。

フォレストック認定森林のマップ

(2012年6月1日現在)

「1 for Green」はまだまだ始まったばかり。さらに支援活動が広がって、美しい森林とともに、ゴルフというスポーツの素晴らしさが多くの人へ広がっていくことを願います。

1 for Greenオフィシャルパートナー

株式会社TSIホールディングス

オフィシャルパートナー募集

詳しいお問い合わせは1 for Greenプログラム事務局まで E-mail:1forG@callawaygolf.com